中学受験応援サイト シガクラボ

同志社香里中学校外観
共学校

同志社香里中学校

ホームページへ
〒572-8585
寝屋川市三井南町15-1
072-831-0285

教育方針・校風

同志社創立者・新島襄の願い「一国の良心ともいうべき人の養成」を受け継ぐ。それは、すべての能力の円満に発達した、強い意志のある人物の育成であり、キリスト教にその徳育の基をおく。中学→高校→大学の一貫教育を踏まえて、受験勉強の世界では得ることのできない一人ひとりの個性・能力の伸長をはかり、礼拝の時間をとおして、宗教的情操・美しい人間性の養成に努める。

沿革

1940(昭和15)年、大阪偕行社中学校として設立。翌年、第2山水中学校と改称。51年に同志社と合併し校名を同志社香里中・高と改称した。2000(平成12)年、高校が共学となり中学の制服も自由化され、02年には中学も共学校化。11年、創立60周年を迎えさまざまな学校改革を進めている。

環境・設備

京阪香里園駅は不動尊信仰の総府・成田山不動尊への最寄り駅。この香里園駅から閑静な住宅街を抜けた小高い丘の上に、統一美のある校舎が並ぶ。キャンパスの広さは7万7千㎡。1999年、開閉式ドーム型プールを有する友愛館が、2013年3月に新校舎が完成。学習活動に打ち込める静かな環境である。

カリキュラム

中学の段階では、基礎学力を充実させ、生徒自身の可能性を広げるために、一般の教科書はもちろん、ビデオやコンピュータなどさまざまな教材を使用している。全人的人間教育を理想として掲げ、カリキュラムについても特定の教科にウエートをおくことはなく、各教科ともバランスよく学習できるよう割りあてられている。英語では中高一貫校用テキストを使用し、個性的な授業を展開。また、ネイティブの先生と日本人の先生によるチームティーチングも行われている。中3〜高3までを対象に世界5カ国での語学研修も実施。高3で文系(人文系・社会系・国際系)・理系のグループ分けがある。他大学受験者に対するフォロー体制を整えている。

学校生活・クラブ活動

人工芝グラウンド・屋内プール・コンピュータ教室など恵まれた施設のなかで、生徒たちは各自の個性・特技・趣味を生かして心身の健やかな発達に努めている。週に一度「聖書」の時間が設けられているほか、1日おきに朝の礼拝が行われる。ボランティア活動にも積極的に参加しており、生徒たちは大学受験に時間をとられることなく、のびのびと学校生活を送っている。クラブ活動も文化部・運動部合わせて35以上が活発に活動している。また、クリスマス祝会・礼拝などの宗教行事はもちろん、スポーツ大会・遠足・英語スピーチコンテストと多彩な行事が組まれており、生徒たちの研さんの場となっている。

地図・アクセス

所在地

〒572-8585
大阪府 寝屋川市三井南町15-1

アクセス

  • 京阪本線「香里園駅」徒歩18分。

偏差値

入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。