LINE

中学受験応援サイト シガクラボ

東海大学付属大阪仰星高等学校中等部外観
共学校

東海大学付属大阪仰星高等学校中等部

ホームページへ
〒573-0018
枚方市桜丘町60-1
072-849-7211

教育方針・校風

本学園は、明日の歴史を担う強い使命感と豊かな人間性を持った人材を育てることにより、「調和の取れた文明社会を建設する」という理想を高く掲げ、歩みを続けている。東海大学といえば、幼稚園から大学まで一貫した教育システムを全国的に展開していることで知られているが、1996(平成8)年、近畿圏に初めて開校した中学校が東海大学付属仰星高等学校中等部である。高校は83(昭和58)年に開校、一貫教育を推進するべく中等部が新設されたのである。年間行事も多彩で、ハワイ語学研修や8月には「東海大学学園オリンピック」も開催される。クラブ活動も活発。

沿革

1983年(昭和58年)東海大学付属仰星高等学校普通科・設置認可を受け、開校。2007年(平成19年)中等部創立10周年。2013年(平成25年)「創立30周年」記念式典挙行。2018年(平成30年)校名を「東海大学付属大阪仰星高等学校・中等部」に変更。

環境・設備

1号館から5号館までの学舎には、普通教室、食堂、視聴覚室、音楽室、柔道剣道場、広々としたメディアセンターなど、生徒たちの学びや部活動を支える施設が充実。熱意をサポートする環境が、生徒たちに新しい可能性を見つけることを可能にする。2018年には松前記念総合グランド(人工芝グラウンド)が完成し、より充実した環境となった。陸上トラック、多目的グラウンド、サッカー・ラグビー場、テニスコート、野球場があり、体育実技の授業に使用するほか、クラブ活動のためにも欠かせないグラウンドとなっている。

カリキュラム

中等部の段階から国公立大・東海大医学部を視野に入れた「英数特進コース」と、難関私大や東海大ほか幅広い進路に対応していく「総合進学コース」の2コース制をとる。「英数特進コース」は中1〜中3まで週37時間のコマ数を設定。放課後は週3日の特別講座を実施し、夏休みには学習合宿を行う。「総合進学コース」に対する学習サポートも充実している。

地図・アクセス

所在地

〒573-0018
大阪府 枚方市桜丘町60-1

アクセス

  • 京阪交野線「村野駅」徒歩10分。学校 ⇔ 田原台 ⇔ 白庭台 ⇔ 登美ヶ丘 ⇔ 学園前を結ぶスクールバスあり。

偏差値

入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。