中学受験応援サイト シガクラボ

賢明女子学院中学校外観
女子校

賢明女子学院中学校

ホームページへ
〒670-0012
姫路市本町68
079-223-8456

教育方針・校風

「賢明」は、カトリックの7つの徳に含まれる「賢慮」「聡明」に由来してつけられた校名である。カトリックの精神に基づいた教育を行い、“TheBest”をモットーとし、生活のあらゆる面においてベストを尽くすように指導している。また、学問的知識だけでなく、正しい理性、強い意志、調和のとれた感情を育てることを目標としている。

沿革

1796年、マリー・リヴィエによって賢明女子学院の設立母体である聖母奉献修道会がフランスで創立。聖母奉献修道会カナダ管区本部から修道女4名が来日し、1951(昭和26)年に賢明女子学院開校。2011(平成23)年11月、創立60周年記念式典挙行。

環境・設備

播州平野の中心都市である姫路市。有名な姫路城(白鷺城)のすぐ東隣に校舎を構えている。付近には美術館、博物館などがあり、また、都会の学校ながらグラウンドも広く、施設が充実。校内のあちこちに聖母マリア像があり、生徒たちを見守っている。

カリキュラム

6年一貫のカリキュラムを組み、一人ひとりの力を最大限伸ばすためにさまざまな取り組みを行っている。中学の英語の教科書は『プログレス』を使い、中1ではクラスを2分割した少人数授業を実施し、英語の力をしっかり身につけていく。そして中2からは英・数で習熟度別授業を実施。放課後や長期休暇中の補習も充実している。また、2013年度からは高校がコース制となり、ソフィア(特進)コースとルミエール(進学)コースに分かれ、それぞれの希望進路に合わせた選択科目を履修する。きめ細やかな進路指導には定評がある。6年間通じての宗教の時間もあり、生き方や平和、奉仕の精神について学んでいく。

学校生活・クラブ活動

「クリスマス行事」や「聖母をたたえる集い」などカトリック校らしい行事のほかにも、多くの学校行事がある。どの行事も生徒の自主的な活動を重視しており、学院祭は、実行委員を中心に、全校生徒で取り組む。生徒会活動も盛んで、「DeARプロジェクト」を立ち上げ、全校生徒は毎月1回粗食の日を設定し、おかず代100円を募金している。施設訪問なども盛ん。クラブはおけいこの茶道・華道・筝曲を含め27あり、入部率も高い。中高生は一緒に活動を行っている。少林寺拳法部は全国大会の常連。ハンドベル部は校外での活動も多い。希望者参加の海外英語研修もある。行先は中学はニュージーランド、高校はカナダ。

地図・アクセス

所在地

〒670-0012
兵庫県 姫路市本町68

アクセス

  • JR山陽本線(神戸線)・播但線・姫新線・新幹線「姫路駅」、山陽電鉄「山陽姫路駅」徒歩15分。姫路駅前から神姫バス「姫路郵便局前」下車。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。

関連情報