中学受験応援サイト シガクラボ

甲陽学院中学校外観
男子校

甲陽学院中学校

ホームページへ
〒662-0955
西宮市中葭原町2-15
0798-33-5012

教育方針・校風

中学では特に規律の励行、礼儀作法の実践体得など厳格なしつけ教育に重きがおかれ、高校では生徒の自主性を重んじて学力を練磨するなど、生徒の成長過程に応じた指導がなされる。6年間を通じて一貫した方針と体制がとられており、大学進学後までを見据えたひとつのステップとして、この自己管理能力の生成は、生徒の大きな財産となる。

沿革

1917(大正6)年創設の私立甲陽中学校が前身。20年に辰馬氏が引き継ぎ、「辰馬学院甲陽中学校」を創設。47(昭和22)年、辰馬学院を辰馬育英会甲陽学院と改称、中高の校舎が分かれた現在の体制となる。78年、高校が苦楽園地区に移転。2012(平成24)年から中学の定員が200名になった。

環境・設備

本校は香櫨園浜近く、潮の香り漂う閑静な地にある。中学・高校の教育がそれぞれ抜群な環境のもと、十分に施設の整った別個の校舎において行われていることが大きな特色だ。近隣は、阪神地区でも有数の高級住宅地の夙川地区で、緑豊かな環境だ。

カリキュラム

6年間一貫のカリキュラムは各教科のバランスに優れており、特に中学の段階では基礎的分野の履修が徹底される。原則として主要教科の教科担任は持ち上がり制であり、じっくりと生徒の実力を把握し、見極めていく。放課後には個人レッスンも実施。また、中学では原則的に特別な補習は制度としては行っていないが、日々の指導内容の習得を徹底することにより、着実な大学進学実績を上げている。各自の自主性・計画性を高めていくことにより、将来、大学で学ぶための十分な学力を養っていく。学力だけではなく、学問に取り組む姿勢もしっかり身につけさせる。高2から選択科目を設置。

学校生活・クラブ活動

中高の校舎が分かれていることもあり、クラブ活動も中高別に行われている。特に中学生がのびのびとした雰囲気のなかで活動しているのが印象的だ。文化系クラブは、それぞれ楽しみながら、着実に活動している。運動系では硬式テニス部などの活躍が目を引く。制服は中学生には義務づけられているが、高校生になると私服が許される。生徒たちは、明朗な校風のなかで、各クラブ活動や諸行事を自主的に運営していく。日々のさまざまな学習と自由な校風を通じて勤勉努力の姿勢を体得しているのである。学校外での礼儀正しさも評判。スマートな都会派という雰囲気をもつ学校だ。

地図・アクセス

所在地

〒662-0955
兵庫県 西宮市中葭原町2-15

アクセス

  • 阪神本線「香櫨園駅」徒歩10分。JR神戸線「さくら夙川駅」徒歩17分。阪急神戸線「夙川駅」徒歩20分。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。