中学受験応援サイト シガクラボ

東洋大学附属姫路中学校外観
共学校

東洋大学附属姫路中学校

ホームページへ
〒671-2201
姫路市書写1699
079-266-2626

教育方針・校風

「諸学の基礎は哲学にあり」という東洋大学の建学の精神を継承し、事物の本質に向かって、深く考える力を育てる「哲学教育」、国内外の社会に貢献する人材を育てる「国際化」、大学入学から就職後までを見すえた「キャリア教育」の3つを柱に、「確かな学力」と「豊かな人間力」をしっかり育みます。

沿革

姫路市の強い要請を受け、1963(昭和38)年4月、東洋大学附属姫路高校が設立されました。1989(平成元)年に男女共学化。創立50周年を機に2014(平成26)年4月、中学校を開校し、姫路市内初男女共学中高一貫校となりました。

環境・設備

50周年記念校舎は、自由に使える自習室や広々としたロビーなど、ゆとりの空間を確保。 各教室は換気機能を備えた冷暖房完備です。 記念講堂は400人を収容。座席は電動で収納でき、体育館としても使用可能です。 図書館は生徒がゆったりと読書や自習に取り組めるよう、多目的スペースも豊富に設けています。

カリキュラム

中学3年間で学習指導要領よりも840時間多い教育課程を編成し、基礎・基本を押さえた上で効率よく先取り学習を進めると同時に、徹底した学習指導のもとで自学自習の習慣を身につけさせています。また本校独自の教育プログラムである「キャリア・フロンティア」を通じて、物事の本質に向かって深く考える力を養成します。

学校生活・クラブ活動

知徳体のすべてを育む学校生活  「時を守り」「場を清め」「礼を正す」という三訓示の下、生徒指導の徹底を図り、徳育の充実に努めます。また、茶華道、一般作法、テーブルマナー講習などを実施し、一流の所作と教養を身につけます。茶華道、礼法といった日本の伝統を学ぶことは、グローバル社会で活躍する日本人として欠かせない素養でもあります。 クラブ活動は全員参加を原則とし、週3日、顧問の先生の指導を仰ぎながら、クラブの運営方法なども学んでいきます。

地図・アクセス

所在地

〒671-2201
兵庫県 姫路市書写1699

アクセス

  • 姫路駅バスターミナル中央乗り場より、神姫バス「東洋大学姫路高校」下車。 通学には姫路駅から本校中学生専用スクールバスを運行しています。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。

関連情報