中学受験応援サイト シガクラボ

帝塚山学院泉ヶ丘中学校外観
共学校

帝塚山学院泉ヶ丘中学校

ホームページへ
〒590-0113
堺市南区晴美台4-2-1
072-293-1221

教育方針・校風

戦前からの名門・帝塚山学院が創立65周年を機に開校した帝塚山学院泉ヶ丘中学・高等学校。教育方針は「基礎学力の充実」、「基本的生活習慣を身につけること」の2つである。21世紀を生きるために必要な、豊かな人間性を養うことを目指した人間教育を行う。豊かな人間性とは「表現力・創造力・思考力・国際感覚」などを備えることを意味する。

沿革

1916(大正5)年、財団法人帝塚山学院設立。51(昭和26)年、学校法人帝塚山学院に改組。83年、堺市泉北ニュータウン晴美台に帝塚山学院泉ヶ丘中・高(普通科男子)開設、翌年高校に国際科(女子)を設立。99(平成11)年中学校が共学化。2010年より①②とも3科目・4科目選択入試となった。

環境・設備

近年目覚ましい発展を見せている泉北ニュータウン晴美台地区に、ネオクラシックなレンガ色の校舎が姿を見せている。校舎内も実に広々としており、スペースも十分。蔵書7万3千冊の図書館や天井が総ガラス張りの生徒ホールや広い体育館やテニスコートなど、内部の設備も充実している。

カリキュラム

英・数・国を重視したカリキュラムを編成しているが、どのコースも中学の間は5教科の基礎・基本の定着と基礎学力の充実を図っている。中1では医進・特進A・特進Bの3コース制。中2・中3では習熟度別編成をとっている。高1で医進・国立Ⅰ・国立Ⅱ、高2で国立Ⅰ(医・理・文)・国立Ⅱ(理・文)と細かく分かれ、高3ではさらに私立(理・文)が加わった7コース編成となる。こうした編成をとることにより、きめ細かな行き届いた指導を実践。志望大学への現役合格を目指す生徒たちをしっかりとサポートしていく。また、コースは中1から高1までは習熟度により入れ替えを実施、高2進級時には文理選択+習熟度により入れ替えを実施。

学校生活・クラブ活動

ヒューマニズム教育に努めている。読書や講演会、研修旅行、キャリア教育などに力が入れられており、「生き方について考え、積極的に自ら行動できる人物」の育成を目指している。文化祭(泉ヶ丘祭)や全校生徒を縦割り編成にして行われる体育大会だけでなく、クロスカントリー・スキー合宿・生活合宿など、行事も実に多彩である。クラブ活動も、サッカー・テニス・バスケットボールなどの運動系から、管弦楽・茶道・ユネスコ・ボランティアといった文化系まで、積極的に活動している。春の文化講演会は、オーケストラや邦楽・演劇など本物の文化に出会う機会となっており、情操教育面にも配慮がなされている。

地図・アクセス

所在地

〒590-0113
大阪府 堺市南区晴美台4-2-1

アクセス

  • 泉北高速鉄道泉ヶ丘駅からバス8分、南海高野線金剛駅からバス15分「帝塚山学院泉ケ丘校前」下車。南海本線「泉大津駅」、JR阪和線「和泉府中駅」、近鉄長野線「富田林駅」ほかから直行バスあり。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。