中学受験応援サイト シガクラボ

清風南海中学校外観
共学校

清風南海中学校

ホームページへ
〒592-0014
高石市綾園5-7-64
072-261-7761

教育方針・校風

建学の精神は清風と同じく、「徳・健・財三拍子そろった姿でルールを守り、世の中のために尽くす人間となるべく勤勉努力する理想的な人物を育成すること」。これを仏教をバックボーンとする宗教的信念に基づいて実践している学園である。社会のすべてから安心・尊敬・信頼の対象となる人物育成のために、教師と生徒、生徒相互の信頼に基づく教育を行う。

沿革

1963(昭和38)年、清風学園の姉妹校として清風南海学園が創設された。中学校が開校したのは83年のことである。以後、オーストラリア、イギリス、フィリピン、中国などの学校と姉妹校提携も結んできている。95(平成7)年、新校舎完成。99年、中学校が共学校化。

環境・設備

大阪府の南部、高石市に学舎を構えている。1995年完成の立派な図書館を備えた新校舎(宕峯館)をはじめ、陶芸教室を含む芸術棟など、設備の充実した校舎となっている。また、実習を行う「農園」もあり、生徒たちは恵まれた環境で学園生活を送ることができる。

カリキュラム

過去の豊富な大学進学資料に基づき、国公立大合格を目標とした基礎学力の充実、実力養成にたっぷり時間をかけ、進路指導の徹底をはかっている。授業は1時限50分で密度は濃い。高2より文理のコース分けが行われ、志望校・能力・希望などによる段階別指導も取り入れている。定期考査、実力テスト(高1・高2)、校内模試(高3)の結果を分析し、常に個別指導が行われている。理解が遅い生徒に対しての特別補習や放課後のマンツーマン指導はもちろん、夏期休暇中には補習、勉強合宿なども実施されている。中学は「スーパー特進」と「特進」の2コース制をとっている。

学校生活・クラブ活動

将来の指導者としてふさわしい人間を育てるための厳格な訓育が行われている。また、クラブ活動や課外活動をとおして協調性や連帯感、奉仕の精神を育むことにも力が注がれている。校内にある約1000㎡の畑では、農耕作業を通じての汗の尊さを、自己体験によって身体で覚え、同時に収穫の喜びも味わえる「勤労体験学習」が行われている。ここでは、生命を大切にする心も育まれる。クラブ活動も幅広い人格形成の一環として実践され、中学では運動系8、文化系8、高校では運動系9、文化系9のクラブが活動。ホームルーム指導も大切にしており、師弟の心のふれあいを尊重している。

地図・アクセス

所在地

〒592-0014
大阪府 高石市綾園5-7-64

アクセス

  • 南海本線「北助松駅」徒歩5分。南海本線「高石駅」徒歩7分。JR阪和線「北信太駅」徒歩20分。近鉄長野線「富田林駅」、泉北高速鉄道「和泉中央駅」ほかからスクールバスあり。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。