中学受験応援サイト シガクラボ

関西学院中学部外観
共学校

関西学院中学部

ホームページへ
〒662-8501
西宮市上ケ原一番町1-155
0798-51-0988

教育方針・校風

校章の三日月は「たゆまざる向上心、神への感謝、隣人への奉仕」を表している。「キリスト教精神」を人格形成の土台とし、加えて自ら学び探求する姿勢を身につけるための「読書」、将来国際社会で能力を発揮するための「英語」、知育・徳育で得たものを身体で表現するための「体育」、情操面での全人格的な充実を目指す「芸術」を合わせた5つを教育の柱としている。

沿革

1889(明治22)年、米国南メソジスト監督教会宣教師W・R・ランバス博士により創設。1929(昭和4)年に創設地、神戸・原田の森(現王子公園)より現在地に移転。47年、新学制による中学部を開設。初・中・高・大・大学院・専門職大学院の総合学園を形成する。2012(平成24)年、共学校化。

環境・設備

文教都市・西宮市のちょうど真ん中、六甲連山の東端にある甲山のふもと上ヶ原の地に、中学から大学までの広大な総合学園を築いている。大学内には緑の芝生、白いチャペルなどアカデミックな雰囲気が漂い、それに隣接する中・高も美しい校舎が並ぶ。1500名収容の礼拝堂もすばらしい。

カリキュラム

原則として大学まで推薦で進学できるため、自主的に学習を進めていけるように、ゆとりあるカリキュラムが組まれている。英語のウエイトがかなり高いほか「聖書」「読書」も正規の授業として取り入れている。また英語では分割少人数編成がとられる。のびのびと学院生活を送る生徒たちだが、進級制度はかなり厳しい。2012年から学校6日制となった。基礎学力の定着をはかりつつ、自主的に学習する姿勢を確立していくことに力が入れられている。「自分を表現する喜びと感動できる豊かな心を育む」という観点から芸術教育も大切にされている。

学校生活・クラブ活動

ほぼ全員がクラブに所属しているが、なかでも運動系クラブの活動は活発だ。高校生・大学生コーチの技術、精神両面にわたる指導のもと、各種大会で好成績を収めている。硬式テニス部やラグビー部もあり、関西学院大アメリカンフットボール部につながるタッチフットボール部は有名。体育では7時限目に3㎞以上を走ったり、遠泳で1㎞泳ぐなど心身鍛練のための行事も充実している。また、入学直後の中1のキャンプや、中2の夏休みに岡山県青島で行われるキャンプなどの野外活動も多く、自立の精神を養っている。女子の制服はセーラーブラウスとジャンパースカートにノーカラージャケットというオリジナルデザイン。

地図・アクセス

所在地

〒662-8501
兵庫県 西宮市上ケ原一番町1-155

アクセス

  • 阪急今津線「甲東園駅」「仁川駅」徒歩15分。甲東園駅前からバス5分「関西学院前」下車。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。

関連情報