中学受験応援サイト シガクラボ

京都女子中学校外観
女子校

京都女子中学校

ホームページへ
〒605-8501
京都市東山区今熊野北日吉町17
075-531-7358

教育方針・校風

自らの人格の完成、社会の有為な形成者の育成を教育方針としている。また、豊かな情操と徳性を養うことを特に強調。心豊かな女性として生きていくために宗教への関心を深めるように指導がなされている。ユニークな一文字型の校章の模様になっている「さがり藤」は、頭をたれて咲くその花の中に謙虚な女性の姿を見たものと伝えられている。

沿革

1899(明治32)年設立の顕道女学校を前身とし、のちに浄土真宗本願寺派の学校として経営されるようになった。1910年、京都高等女学校と改称。47(昭和22)年、学制改革により新制中学校を開校。2006(平成18)年、併設大までを含む10年一貫を基本とするW(ウィステリア)コースを設置。

環境・設備

東山七条を東に長い坂を上ると、幼稚園から大学・大学院までも備えた総合学園の校舎が見えてくる。長い歴史を誇る京都にふさわしい静かな環境で、設備も充実している。図書館は、生徒の発達段階に応じた図書の利用が考えられており、蔵書数は京都随一を誇る。

カリキュラム

2014年より、コース・類型を変更。W(ウィステリア)、Ⅱ類(旧ⅡLコース)、Ⅲ類(旧ⅡSコース)各コースの特色を生かしつつ、6年一貫教育体制を充実させる。Wでは、併設の京都女子大への進学を見据えて、情操教育、基礎学力の充実、国際教育を行っている。Ⅱ類は私立・国公立大受験、Ⅲ類では難関国公立大受験を前提に、各教科で先取り授業、習熟度授業や分割授業などを行い、生徒の学力に合わせた、きめ細やかな授業を展開。長期休暇中には特別補習や学習合宿を実施し、学習機会の充実をはかる。Ⅱ類からは中2進級時に、希望と審査を基に若干名がⅢ類への転類が認められる。

学校生活・クラブ活動

宗教教育の一環として、講堂の仏前において週に一度、朝の礼拝が行われている。これはおもに音楽法要を中心としたもので、それ以外にも、「花まつり」などの宗教行事が行われる。こうしたさまざまな宗教行事をとおして生徒たちは「いのち」の認識を深めていく。生徒会活動も盛んに行われている。体育祭や文化祭では、体育委員会・生徒会がそれぞれ中心となって、企画・運営にあたり、自分たちの手で作り上げた行事を満喫。特に秋に行われる文化祭には多くの人が集まり、にぎわう。クラブ活動も活発で、茶道部は煎茶・抹茶に分かれて活動。運動系ではダンス部なども人気がある。

地図・アクセス

所在地

〒605-8501
京都府 京都市東山区今熊野北日吉町17

アクセス

  • 京阪本線「七条駅」徒歩15分。プリンセスラインバス「京都女子中高前」下車。市営バス「東山七条」下車、徒歩5分。

偏差値

2017年 入試に向けて予想したR4(※)偏差値一覧
2017年 入試結果R4(※)偏差値一覧

※『R4』とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。