中学受験応援サイト シガクラボ

シガクラボ中学受験応援ブログ

中学受験用の教材は、自前で用意するか、プロの力を借りよう

2016.07.22
中学受験は、教科書だけでは対応が困難です。
高校受験のように、内申点などが重視される入試ではありません。
各学校が、それぞれ個性あふれる試験問題を作成していますので、その傾向を知ることが、何よりも大切です。

教材選びにおいて、「お子さんの理解力」はとても大切です。
一度解いた教材でも、時間を空ければ、分からない部分も出てくるでしょう。
何度も繰り返し問題を解いて、その根幹を理解することが大事です。

基本的にどんな本でも構いませんが、「8割以上消化できること」が望ましいです。
受験スケジュールを作成頂いた上で、なるべく毎日机に向かいましょう。
少しでも勉強したいと思う事が、カリキュラムを消化する原動力となるでしょう。

教材選びが困難な方は、専門家に相談しましょう。
キメの細かい大手塾の教材も良いですが、消化しやすい書店の教材や、面倒見の良い補習塾の教材も良いでしょう。
中学受験はお子さんのやる気が全てです。
お子さんの希望を優先させましょう。

カリキュラムは、直前期とそれ以外に分けられます。
苦手克服を優先させ、点数の底上げを図りましょう。
中学受験は、お子様とほぼ同じレベルの方々が受験されます。
正確に問題を解き、自分の頭で考えられる実力を身につけましょう。
問題を解く時は、本番を想定して、丁寧に解きましょう。